ヒゲ脱毛は光脱毛よりも医療レーザー脱毛!

脱毛エステは、隆盛を極めています。街中のあちこちに新しい店舗ができています。しかし、脱毛エステ(サロン)で行われる光治療は、どれほどの効果が持続するのでしょうか、脱毛の効果がどれくらい持続するのか、またどれくらい通院しなければならないのかなどを、ご紹介します。

光脱毛は、大きく分けてIPLとSSCに分けられます。

IPL(インテンス・パルス・ライト)は、仕組みとしてはレーザー脱毛とほぼ同じです。黒色のメラニン色素に反応する光を当て、毛根細胞にダメージを与えます。対してSSC(スムース・スキン・コントロール)は、まずはジェルを毛穴にしみこませ、そのジェルをサーチする光を当てます。 持続効果か高いのは、IPLの方です。毛根に直接光を当てるからです。10回以上通えば、およそ5年はもちます。

毛の再生自体があまり活発でないお腹などの部分だと、10年たっても生えてきません。もちろん個人差はありますが、医療機関でもないのに、脱毛エステの施術は効果があるのだろうかと、懐疑的になる必要はありません。 毛がまた生えることももちろんありますが、ワキやVIOライン、男性ならアゴなどの部分などが再び生えやすいです。そして、また生えてくるといっても、5年は効果が持続します。

SSCだと、効果ももう少し落ちます。5年ほどすると、お腹まわりに様に毛の再生周期が長い箇所でも、ぽつぽつと産毛のようなものが生えてきます。濃い部分なら大分復活します。しかし、一番肌へのダメージも少ないですし、通院回数は多めですが、費用をもっとも抑えられるのもSSCです。

また、SSCはジェルを塗っての施術となるので、保湿効果・美肌効果も高いです。継続的に、エステサロン感覚で通えます。痛みも少ないです。また、レーザー脱毛やIPL光脱毛と違い、黒色に反応して光を照射するわけではないので、産毛にも効果があります。

光脱毛は、レーザー脱毛に比べて人気が高いです。もちろん費用が安い事もあるのですが、一番の理由としては「痛みの少なさ」が挙げられます。光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛のそれぞれに、メリットとデメリットがあります。ただ、光治療でも、Vライン、Iラインならば、色素も濃いですので、光が反応しやすく効果が出やすいです。Oラインはもう少し時間がかかります。 確かに、クリニックで行うレーザー脱毛の方が、効果も高く、通院回数は少なく済みます。

もし相模原市でヒゲ脱毛を考えているなら、クリニックがおすすめですよ。相模原市でヒゲ脱毛できるクリニックを紹介したサイトがあるので、参考にしてください。

相模原市でヒゲ脱毛するなら※医療レーザーが安いメンズクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です